子育ての実際と理想

子育てと言っても、幅広くて一言では言い表せません。ここでは、誕生から3歳までについて語ります。0歳では、まずは自分が新米ママの為全てが不安です。授乳で言えば、時間の間隔がわかりません。量も足りているのかいないのかわかりません。沐浴の仕方もぎこちないものです。そんな時に、便秘や湿疹などが不安材料として加わります。その時も、どのくらいで病院に行けばいいのか悩みます。まだ生後一ヶ月経っておらず、初検診前であり、病院にかかるタイミングすらわからないのです。まだあまり外に連れ出さない方が良い時期であり、病院に行ったばかりに他の病気をもらってきてしまわないか心配をしたりもします。

新生児は便秘にもなるのですが、浣腸したくても、自分の子供なのにどのくらい綿棒を入れて良いのかもわからず、不安なまま行います。結局あっけなく排便出来て、それまでの本気の大心配は一体何だったのだろうと思うものです。もちろん、日々のオムツ替えも不慣れです。大便の処理などは非常に大変です。

特に男の子の場合は小便をひっかけられないようにして、大便を処理しなければならないので特に緊張します。これから何年かはずっと続くのかと思うと、げんなりします。沐浴も慣れるまではとても緊張します。片手でも耳を押さえながら、頭を支えて反対の手で洗う、というのがとても難しいです。大きめの赤ちゃんだと不可能でしょう。耳に水が入ったら困ると思いますし、でも重くて手はつってしまう始末。こうして新米ママの戦いは始まるのです。

▽子育て関連サイト
子育てを支援しているママスタジアムという子育て専門情報サイトです ⇒ 子育て支援

一歳のしつけ

一ヶ月検診が終わる頃には、少し母親業も慣れて来始めます。基本的には、授乳、沐浴、オムツ替えや抱っこが上手くなってきて、少し生活に余裕が出てきます。ですが、相変わらず寝不足は・・・

二歳の生活

2歳になると、言葉数も大分増えてきて、会話が成立するようになり、言い聞かせることも有効になってくるため、これまでを考えると少し楽になります。ぐずったり、泣いたりしても魅力的な言葉で何・・・