修学旅行より短期留学に行きたいのに!

高校時代、私は短期留学を夢見ていました。英語が少し得意で親も留学には応援してくれていたこともあり、田舎の学生でも海外に行ける制度がないか調べました。すると夏休みを利用した短期留学のポスターを学内で発見!これだ!と思い大喜びしました。一年生の秋に見つけたので二年生の夏休みに行くことを目標にしました。
しかし、当時の私にとっては費用がかかるものでした。週末にアルバイト励んでいたものの勉強とクラブとの両立を考えるとこれ以上シフトは増やせないし、どうにかして費用を捻出出来ないかと考えました。
そこで一年生の終わりにある修学旅行に行かずにその費用を短期留学にまわすことを思いついたのです。修学旅行はスキーだったのですが、私は運動神経が悪いのでちょうど行きたくなったのです。一石二鳥と意気揚々と先生に相談しに行きました。
しかし担任の先生は学年主任の先生に相談してほしいと困った顔。なぜと思いながら学年主任に話すと「絶対にダメ」と頑なに拒否したのです。私は職員室で先生に夢を語り説得を試みましたが、反対され続けました。その場で号泣して周りに変な目で見られましたが、説得は叶わず結局のところ短期留学は行けず仕舞いでした。
修学旅行も授業の単位になるので行かなくてならなかったのですが、なんだか夢を諦めさせられたような切ない気持ちになった経験でした。もっと単位よりためになることを生徒一人一人に見てくれたらいいのに!女性ホルモンを増やすには?